校長挨拶

平成31年4月
茨城県立岩井高等学校長 國府田 一之(こうだ かずゆき)

 茨城県立岩井高等学校のホームページにアクセスしていただき,ありがとうございます。

 岩井高校は,昭和2年(1927年)に岩井実科高等女学校として創立され,昭和24年に県立岩井高等学校となりました。平成20年には,岩井西高等学校と統合し,現在の岩井高等学校となりました。一昨年,創立90周年を迎えた,県下有数の伝統校であり,卒業生は1万9千人を数え,広く各方面で活躍しています。

 学校は,坂東市岩井地区の中心部にありながら,敷地も広く緑豊かな恵まれた環境の中にあります。今年の茨城国体では,本校体育館も会場として指定されており,10月3・4日にハンドボール競技が開催されます。

 学習環境としては,大学進学から就職まで,生徒の幅広い進路希望に対応できるカリキュラムが整っており,生徒一人一人を希望進路の実現に導けるよう,進学課外や面接指導の実施など個に応じた丁寧できめ細やかな対応を行っています。

 部活動では,柔道部,ハンドボール部を始め,数多くの運動部が県大会出場・上位入賞,関東大会出場など素晴らしい実績を残しています。また,写真部が全国総文祭に選出されるなど,文化部も様々な場面で活発な活動を展開しています。

 本校は,来年度から坂東総合高校との統合により,坂東地区新校(仮称)として生まれ変わります。これまでの普通科の高校から,総合学科4学級4系列(人文,自然,情報ビジネス,ライフデザイン)と農業学科2学級(園芸技術科,農業工学科)の高校となります。選択科目や実習が数多く設定されており,生徒それぞれの興味や進路に合わせて,「学び」を深めていくことができます。詳しくは,本ホームページの「中学生の皆さんへ」内の「坂東地区新校情報」からご覧ください。また,8月10日(土)には坂東市の「ベルフォーレ」において,新校の学校説明会も予定しています。

 今後も,地域の皆様やPTA・同窓会等の学校関係者と連携・協力しながら,地域とともにあり,地域に貢献できる学校づくりを推進してまいります。岩井高校そして坂東地区新校に対し,一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立岩井高等学校