〒306-0631
茨城県坂東市岩井4319-1
TEL 0297-35-1667
FAX 0297-35-7812
E-mail:koho@iwai-h.ibk.ed.jp
※クリックでジャンプします。
 

令和元年度「青少年健全育成推進大会」に出席してきました

令和元年度「青少年健全育成推進大会」概要

期日 令和2年2月5日(水)

会場 アダストリアみとアリーナ メインアリーナ

パネルディスカッション 演題「初めの一歩! 孤立ゼロの地域づくりを目指して~深めよう 繋がろう~」

コーディネーター 茨城県生涯学習・社会教育研究会会長 長谷川幸介

パネリスト ひきこもり大学 茨城キャンパス 代表 大谷武郎

      特定非営利活動法人SMSC/まちキッチン「あえる」普及委員会 高島聖也

      茨城県ひきこもり相談支援センター センター長 浅沼秀司

 

 

 前半は主催者や来賓の方々の挨拶,活動助成金の贈呈が行われ,後半は「中学生の主張発表」と事業実施報告,そして「初めの一歩! 孤立ゼロの地域づくりを目指して ~深めよう 繋がろう~」というテーマでパネルディスカッションが行われた。パネリストは実際にひきこもりを経験された方とひきこもりで悩んでいる人たちの「たまり場」をつくろうとしている方々でディスカッションが行われた。ひきこもっている人は仕事の話と自分自身の名前を聞かれることがNGワードということであった。まず仕事から遠い話題,(趣味など)から集まれる場所をつくることが大切であること,居心地のよい場所をつくってあげることが大切だということであった。また1カ所だけでなく,県全体でたくさんそういう場をつくっていくことが重要であるという話であった。
 
 

平成31年度「生徒指導中央大会」に出席してきました

平成31年度「生徒指導中央大会」概要

期日 令和2年1月30日(木)

会場 小美玉市四季文化館「みのーれ」

講演 演題「大人が笑えば子どもは笑う~子どもは空気を敏感に感じている~」

講師 大棟 耕介氏(有限会社 プレジャー企画 代表取締役社長)

 

 

今大会では,優良PTA文部科学大臣表彰,善行生徒表彰が行われました。

講演では,プレジャー企画の大棟耕介さんの話を伺いました。笑うと面白くなる,笑うと病気が治る,笑顔がある人に人は近づくなど,笑うことの重要さを唱えていました。また,映像で,病床の子どもたちを,笑顔にさせる活動の様子を紹介しました。難病の子どもたちは,自分の笑顔にふたをしているので,自らふたを開けさせるのが目的だそうです。脚立やバルーンを使ったパフォーマンスを交えながらの,迫力ある講演でした。研究発表では,茨城県高等学校教育研究会生徒指導部会から,「スマートフォン使用の実態調査について」の発表がありました。危機管理意識を持って自己管理し,自己指導力の向上を図ること,ネット上の知り合いに会いに行くことの危険性について指導することが必要であると考えられます。

 
 

令和元年度「PTA指導者研修会」に出席してきました

令和元年度「PTA指導者研修会」概要

期日 令和元年11月21日(木)

会場 茨城県水戸生涯学習センター

講演 演題「コミュニケーションに必要な5つの要素」

講師 里岡 美津奈氏(パーソナルクオリティーコンサルタント)

 

里岡先生から「コミュニケーションに必要な5つの要素」を演題としてご講演をいただきました。

コミュニケーションには心の管理,自分で考える力,豊かな表現力,言葉選びのセンス,役割にふさわしい外見管理が必要であると,ご自身の経験を踏まえて話をされ,とても興味深く,説得力があり,会場にいた参加者がみな熱心に耳を傾けていました。また「特色あるPTA活動」の事例発表・研究協議も行われ,今年度の全国大会(埼玉大会)で発表校でもあった茨城県立潮来高等学校のPTAによる発表が行われました。注目する点が多く,とくに献血セミナーと献血活動を行っている点に参加者は関心を持っていたようでした。
 
 

PTA研修旅行に行ってきました

11月17日(日)天候にも恵まれ,PTA研修旅行を実施しました。

今回の参加者は30名。研修内容は,「富岡製糸場見学・こんにゃくパーク・花園フォレスト散策」です。

8時00分に学校を出発し,高速の渋滞もなく,2時間15分ほどで到着しました。

富岡製糸場と絹産業遺産群は世界遺産登録5周年を迎え,たくさんの観光客で賑わっていました。ガイドさんのお話を聞きながら,教科書で見たことのある繰糸所などを見学しました。富岡市内で昼食をすませ,こんにゃくパークに向かい,工場見学の後こんにゃくバイキングを味わいました。様々なこんにゃくの商品があり、たくさんのお客さんの中,みなさんお土産選びを楽しんでいました。その後,バームクーヘンなどのスイーツで有名な花園フォレストへ。買い物をしたり,ジェラートに舌鼓を打ったりして過ごし,帰りのバスは,お土産でいっぱいとなりました。

今年度,4回目を終えた本校の研修旅行でしたが,世界遺産の見学やこんにゃくパークや花園フォレストで買い物をしながら,保護者との情報交換ができ大変有意義な研修旅行となりました。


  
  
  

 

みんなで教育を考える「いばらき教育の日」推進大会に参加してきました

第20回記念みんなで教育を考える「いばらき教育の日」推進大会概要

期日 令和元年11月 1日(金)

会場 ザ・ヒロサワ・シティ会館

講演 演題「幸せの条件」

講師 大谷 徹奘氏 (奈良・薬師寺 執事長)

 開会行事では,決議として,(1)「あいさつ」を積極的に交わします,(2)「きまり」を守り手本となる行動をとります,(3)「よい行い」を褒め励まします,を,全員で唱和しました。

講演では大谷徹奘氏から,「幸せの条件」を演題としたご講演をいただきました。“心の使い方で,幸せにも不幸せにもできる”というお話です。「身心安楽(しんじんあんらく)という4文字の言葉が紹介されました。「身」とは,目に見えるもので達成するとさらに上のものが欲しくなる欲望。「心」とは,目に見えないもので心の使い方で,幸せにも不幸せにもできる。「安」とは安心。「楽」とは楽しい,体が楽ということだそうです。そして,「今さえ,自分さえ,よければよい。」という自己中心的な考えを捨て,私たちには未来を育む役目があり,どのように自分の後ろ姿を見せるかが大切である,インプットしたようにアウトプットする,などの教えをいただきました。笑いを交えながら,身振り手振りで迫力があり心が洗われる講演でした。

 
 

令和元年度「県西地区高等学校PTA指導者研修会」に出席してきました

令和元年度「PTA指導者研修会」概要

期   日 令和元年10月18日(金)

会   場 茨城県県西生涯学習センター

テ ー マ 1 PTA活動の現状と課題について   

2 SNS時代に生きる青少年の現状と課題について

 

 4つの分散会に分かれ,上記のテーマについて,各高校から発表がありました。本校は,PTA本部役員の石山さんが提案者です。まず,テーマ1として,学校概況,本部役員・支部役員の選出,PTA総会,PTA研修旅行,岩井の夏まつりPTA巡回指導について,話されました。テーマ2としては,情報の伝達の速さなど,使い方次第では生活に役立つが,その反面,さまざまな問題も含んでいることや学校・保護者が一体となって,被害の未然防止に取り組むことの重要性を,わかりやすくしっかりとして口調で発表され,多くの出席者は,熱心に耳を傾けていました。
 

 

第69回全国高等学校PTA連合会京都大会に参加してきました

第69回全国高等学校PTA連合会京都大会概要

大会1日目

期日 令和元年8月22日(木)

会場 京都市勧業館「みやこめっせ」 

基調講演 演題 「現代の高校生の人間関係」

講師 佛教大学教育学部教授 原 清治氏

分科会 第4分科会

    高校生の人間関係について考える~高校生の本音を聞いてみませんか?~

大会2日目

期日 令和元年8月23日(金)

会場 京都市勧業館「みやこめっせ」

記念講演 演題 「学校教育・家庭教育に思うこと」

       講師 日本電産株式会社 代表取締役会長 永守 重信氏

 

 大会初日の全体会では,開会式,表彰式が行われました。

基調講演では,現代の高校生は,親や教師だけでなく友達にさえ本音をいわないといわれている,濃い関係から薄い関係を好み,「重たい」人間関係を嫌う,自分と同じ価値観を持つ者としか,友人関係を築かず,他のグループには関心が向かない等,人間関係が「島宇宙」化しているなど,学校で起こるさまざまな問題の背景となる要因や,そのメカニズムについて,わかりやすく巧みな口調かつユーモアを交えながらの講演で,楽しく興味深く真剣に聴くことができました。

また,パネルディスカッションでは,原氏をコーディネーターとして,前年度まで高校生であった4人がパネリストとなり,「卒業したからこそ言える」「親にこんなことをしてほしかった」といった本音を聞きかつ知ることを通して,家庭での子供との関わりを考えることができました。

   
 

PTA研修委員会を行いました

本校では,PTAの親睦の場を目的として毎年PTA研修旅行を実施しています。

8月1日(金)にPTA本部役員・研修委員の方々にお集まりいただき,今年度の日程・研修先を決定いたしました。

今年度は,11月17日(日)世界遺産・国宝「富岡製糸場」&こんにゃくパーク方面になりました。

詳細については,10月に入り次第,生徒を通じて参加申込書を配付いたします。

たくさんの会員の方々の参加をお待ちしております。

 

岩井の夏まつり PTA市内巡回指導を行いました

本校では,岩井の夏まつりの際に,PTA生徒指導委員の方々にご協力いただき,市内巡回指導を行っています。台風の影響で,強風ではありましたが雨も降らずに,巡回指導を行うことができました。7月26日(金)は,保護者・職員を合わせて44名,27日(土)は27名の方が参加しました。保護者と職員が10名程度に分かれ,グループ毎に各コースを巡回しました。ご協力有り難うございました。
 
 

第65回 関東地区高等学校PTA連合会大会 埼玉大会に参加してきました

第65回 関東地区高等学校PTA連合会大会 埼玉大会概要

大会1日目                           大会2日目 

期日 令和元年7月12日(金)               期日 令和元年7月13日(土)

会場 大宮ソニックシティ 大ホール            会場 大宮ソニックシティ 展示場

記念講演 演題「夢が生きる力になる」          分科会 第3分科会

講師 向井 亜紀氏                      「生徒指導とPTA」

 

 大会初日の全体会では,開会式,表彰式,大会宣言文採択が行われました。

記念講演では,タレントの向井亜紀さんの話を伺いました。向井さんは妊娠するも,子宮頸がんによる子宮摘出で,16週の小さな命を失いました。精神的ダメージで生きる希望をなくしましたが,入院時に知り合った女性の行動に我を知り,前向きに生きることができるようになったそうです。悪いイメージを持てば悪い方向に進んでしまうので,良いイメージを抱くことが大切であるというお話しでした。とても貴重な体験談を聞くことができました。

 2日目は,各分科会に分かれ各学校の実践発表が行われました。本校は,群馬県立渋川高等学校と埼玉県立ふじみ野高等学校の発表に参加してきました。特に,学校からの配布物が保護者まで届かない問題に,共感しました。
   

 

 

県西地区高等学校PTA連絡協議会評議委員会に参加してきました

令和元年度県西地区高等学校PTA連絡協議会評議委員会概要

期日 令和元年6月12日(水)

会場 県西生涯学習センター

講演 演題「噺の話し」

講師 講師 落語家 瀧川 鯉昇氏 ,三遊亭 あら馬氏

総会では,平成30年度事業・決算・監査報告が行われ,令和元年度の事業計画・予算が審議されました。

また,令和元年度の新役員が選出されました。

 前半は、瀧川氏から落語の表と裏を,面白おかしく講演されました。特に,欲がなくなると勝負に勝つことと,忘れることが大切であり,元気で長生きする秘訣であるという言葉が印象的でした。      

 後半は、2人の本格的な落語が披露され,瀧川氏は,ゆったりとした独特の間に,豊かな表情ときめ細かな仕草を加えた落語で,三遊亭氏は,テンポが良く元気はつらつで,聴いているとウキウキするような落語でした。

 
 

PTA広報委員研修会に参加してきました

平成31年度PTA広報委員研修会概要

期日 令和元年6月7日(金)

会場 茨城県県南生涯学習センター

講師 坂場安男先生(元茨城県新聞教育研究会会長)

  講義では,坂場安男先生(元茨城県新聞教育研究会会長)からPTA広報紙の作り方をテーマに広報誌発行手順,記事の書き方,紙面のレイアウト等,詳細について講義がありました。今年度の本校広報誌作成時に取り入れたいと思います。
 

 

茨城県高等学校PTA連合会総会に出席してきました

平成31年度茨城県高等学校PTA連合会総会概要

期日 令和元年5月23日(木)

会場 小美玉市四季文化館「みのーれ」

講演 演題「人工知能の現在とこれから

~人工知能は社会をどのように変えていくのか~」

講師 博士(工学) 松田 雄馬 氏

 

 総会では,平成30年度事業・決算・監査報告が行われ,平成31年度の事業計画・予算が審議されました。

また,平成31年度の新役員が選出されました。

 また,講演において,①人工知能って何? ②これからの社会はどう変わる? ③どういう人が活躍する?の3部展開での説明でした。これからの時代を担うのは,自分自身のドラマを生きる人であり,これからの時代を創造できる人は,自分自身を生きている人である。という内容でした。

 
 
 

子供の学び応援サイト~臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト~


茨城県教育委員会
 

生徒総会



 

3学年進路ガイダンス



 
COUNTER479206
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立岩井高等学校